読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shinocchi857’s blog

日々の「?」を『!」になるように記録します!!!!!

松嶋尚美が経験したアナフィラキシーショックとは?食べ物が原因?

 

こんにちはシノッチです!
松嶋尚美さんのブログで『アナフィラキシーショック』と更新されました。

アナフィラキシーショックはなんでしょうか?
食べ物との関係は・・・?

 

タレントの松嶋尚美が、3歳の長女・空詩(らら)ちゃんが16日夕、アナフィラキシーショックに襲われ緊急入院しました!

スポンサーリンク
 

17日午後9時すぎにブログを更新。「昨日の夕方、ララがアナフィラシキー ショックになって……目がかゆい!って言うから見たら、蕁麻疹!あっと言う間にパンパンの顔……慌ててかかりつけのクリニックに行ったら、大きい病院に行っておいで!紹介状送るから先に向かってって。本当にびっくりしました!」(※原文ママ

「私がパニックになってはダメと肝に銘じて、、、処置も早く入院したけど、今日退院できました。ホッ 脚に打つ筋肉注射も、手の甲に打つ点滴も頑張りました!ドクターの皆さんも、子供扱いなしで、今からする処置を丁寧にララに説明してくれました。酷い顔だから、早くいつものララの顔に戻そう!って言うと、やる気スイッチオン!!女の子でよかった(笑)」

 翌朝、夫と5歳の長男・珠丸(じゅまる)君にテレビ電話したところ、空詩ちゃんは「ララの顔、おもしろいでしょ?」と大笑いしていたといい、松嶋は「ララの明るさにTOCCO(夫)は救われたって。ほんと、ステキだ!ララちゃん!よく頑張ったね!!!」と、まな娘を褒めている。

 

 

と、更新。

 

スポンサーリンク
 

アナフィラキシーショックとは?

 

食物や医薬品、ハチによる刺傷の際に、アレルゲンなどが体内に侵入し、複数の臓器に全身性のアレルギー反応を引き起こし『過敏反応』をおこした状態。

簡単にいうと、『アレルギー反応で全身がショック状態』です!

処置が遅れると死亡することもあるようです!

 

初期症状あるいは自覚症状

 前駆症状は、口内異常感、口唇のしびれ、のどが詰まった感じ、嚥下(えんげ)困難感、両手足末端のしびれ、心悸亢進、悪心(おしん)、耳鳴、めまい、胸部不快感、目の前が暗くなった感じ、虚脱感(きょだつかん)、四肢の冷感、腹痛、尿意、便意など

 

他覚症状

 初期の他覚症状としては、くしゃみ、反射性咳(せき)発作、約半数に皮膚紅潮、じんましん、、まぶたや口唇のむくみなどが認められます。さらに急激な血圧低下、循環不全に伴う意識障害、あるいは気道が狭くなることによる呼吸困難、チアノーゼが現れます。時に、気道狭窄(きょうさく)による窒息(ちっそく)が主症状となる

とのことで危険なのがわかりますね。

 

日本においては鶏卵、小麦、ソバが多く、摂取後まもなく(数分後)に発症します。

ほとんどが特異的IgE抗体が関係している。

 

 

対応

 

初期段階での特定は容易ではないが、早期における迅速な対処が不可欠です。

怪しいなと思ったら早急に病院へ行き、診断をお勧めします!

 

 

2012年には給食を食べて小5女児が急死しました。

原因は『おかわり』としています!

調べると、小学校側はアレルギーを把握しており、チーズを抜いたチヂミを出したが、

おかわりの時にチーズが入ったチヂミを食べてしまったという。

www.asahi.com

現在回収中ですが、代替製品と交換してもらえるので、もしもの場合でも対処できるようですね!

もし心配な方は病院でアレルギー検査をお勧めします。

スポンサーリンク